エドウィンのスウェードと牛革がコンビになったスニーカーを購入した個人的理由

購入した理由は、ずばり、若かったのです。
高島屋で、買った事を覚えています。革のスニーカーがかっこよく見えたのです。
しかし、はいても足に馴染まず、いつまでたっても痛かったことを覚えています。
硬い革で有っただけでなく、重いので、歩くのもつらかったです。
靴は、歩きやすいかどうか、しっかりと確かめてから買わなければならない、と言う勉強になった一足でしたが、残念ながら、初めて自分で選んで購入した靴でもありました。
バイト代をはたいて購入した結果です。
若いって、辛い事が多いものです。
そんな事があったにも関わらず、それから間もなく、またスウェードと、麻素材がコンビになったスニーカーを高島屋で購入していたのです。
一足で、勉強は足りなかったのでしょう。
過去の自分に残念です。
今では、スニーカーは、軽くて歩きやすくて、かっこよい、と三点揃ってこそスニーカーである、という信条を強くもって、きちんと自分の審査をクリアするスニーカーでないと買わない、と決めています。

エドウィンのスニーカーの履き心地